カテゴリ:「鶴ヶ島の家」( 9 )

「鶴ヶ島の家」 アプローチ 玄関 坪庭 居間へ……

40代のご夫婦と、そのお子様の住まいです

f0230666_1029075.jpg北側の外観です

オブジェのようなコンクリートの塊は
音楽スタジオ(1階)とリスニングルーム(2階)です

徹底した防音のため窓を設けていません

















site & plan


幾何学的な建てものとは対比的に
有機的な曲線をもつエントランスの小径が             木立の中を通り抜け、深い軒が人々を迎え入れます
f0230666_15525587.jpgf0230666_1529274.jpg


近づいてみると、コンクリート打ち放しには杉の木目があらわれていることがわかります
近景と遠景、これも対比の美学です
f0230666_112135.jpg



玄関を入ると、小さな坪庭が迎えてくれます             坪庭に面した飾り棚
f0230666_15211615.jpgf0230666_15214195.jpg


幾何学的 × 有機的
人  工 × 自 然
広 い  × せまい
明るい  × 暗 い

このような対比をリズム感よくしのばせることが
住まいにとって、また人の感情にとって重要なことです
by ocm2000 | 2010-03-30 16:31 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」彩りのあるキッチン

f0230666_11325481.jpg彩りのあるキッチン「鶴ヶ島の家」

□カタチ:対面/半島型/手元隠しあり
□大きさ:幅2.54m 奥行87cm
□高 さ:85cm
□コンロ:ガス
□シンク:幅80cm 奥行42cm 深さ20cm
□食洗機:Miele
□水 栓:grohe/Minta
□レンジフード:Haatz/imh90s-jp
□面 材:メラミン化粧板
□床 材:オールドスクラッチオーク無垢材




f0230666_13243933.jpg竣工時の写真です
フロント部分は、床材を貼り上げて、空間に同化させています



f0230666_13235698.jpg手元を隠すための壁を立ち上げています
壁は高さ1.2m、奥行き28cm
その内部もステンレスで仕上げています



f0230666_13282568.jpg梁や垂れ壁を無くし、リビング・ダイニングから天井が続いています
LDKのつながり、広さを感じさせるポイントです




f0230666_13501929.jpg40代のご夫婦と、20前後の息子、娘の住まいです
息子さんは大学生になり、一人暮らしをはじめました

少しずつ、お子様に手がかからなくなって、自分の時間がもてる……
そんな季節です



f0230666_134130100.jpg小さなモザイクタイルが、キッチンの威圧感を軽減しています



f0230666_1343683.jpgLDKとのつながり
ダークオーク系の家具で統一しています



f0230666_1415184.jpg日中の光は床やステンレスに反射させます
広さがゆるせば、このようにダイニングテーブルをキッチンに平行にすることもできます



f0230666_1442480.jpg窓は天井の高さまであり、天井面も明るくします



f0230666_1454281.jpg対比的に夜は天井面を暗くし、照明によって灯りの“たまり”をつくります



f0230666_14242166.jpgガラスブロック越しの光に透けたガラスの小物
忙しい日常に、彩りを与えています



特に1階にLDKをもうける場合に大切なことは……
一年間、一日一分たりともで同じでない光をどうとりこむか
四季折々の庭の表情をいかにとりこむか、ですね

■彩りのあるキッチン
家族みんなのキッチン
二人のキッチン
角のとれたキッチン
コンパクトなキッチン
大きなアイランドキッチン
by ocm2000 | 2010-03-30 16:26 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」 LDK conservatry



リビングと庭との緩衝帯、コンサバトリーです           
f0230666_15263536.jpgf0230666_11254854.jpgf0230666_1126877.jpg

※コンサバトリーとはガラスで囲まれたガーデンルームのこと


f0230666_17484537.jpgf0230666_1749775.jpg


都市的な住まいでは2階にLDKをもってくることはよくありますが
郊外では“地面と接した生活”、つまり1階のLDKの良さを存分に引き出す事ができます
by ocm2000 | 2010-03-30 15:12 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」 garden、potting shed


f0230666_10323472.jpg庭のある南側の外観です
北側がコンクリートなのに対して、こちらは木造

ガーデニングに力をいれてらっしゃる、その庭の
あくまでも背景として

建築の力強さを排し、窓をランダムに設けています




f0230666_17185794.jpg左からコンサバトリー、テラス、そしてポッティングシェッド
テラスとキッチンは扉によって通じています


ポッティングシェッドとはガーデニングのための作業小屋
しかしここは作業小屋の域を超えて、カフェのような雰囲気になっています
f0230666_17252588.jpgf0230666_17255713.jpg



f0230666_17304828.jpgf0230666_1731864.jpg


庭を含めて何度も雑誌の取材を受けた、素敵な空間です
『住まいの設計』2012年11・12月号(扶桑社)
「HOME portrait」vol.3
by ocm2000 | 2010-03-30 10:37 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」 2階、子供部屋

2階には家族それぞれの個室があります
階段や廊下は単なる移動のためだけでなく、家族と個人という気分を切り替える大切な場所です

柔らかい光、柔らかい曲線、抽象的な造形が、気分を転換させます
f0230666_1585574.jpgf0230666_1551866.jpg



竣工時中学三年生の娘さんの部屋です、天井が高いのでロフトを設けています
before                              after
f0230666_151194.jpgf0230666_1512752.jpg



竣工時高校三年生の息子さんの部屋です
高いところにも小窓を設け、天井面に暗がりをつくらないようにしています
before                              after
f0230666_17363464.jpgf0230666_17365250.jpg


息子さんはすでに大学生
娘さんも来年(2013)から大学生
子供は、すぐに子供でなくなる、つまり“子供部屋”という名称は、便宜的なものです

子供部屋は、子供が独り立ちしたあとも、別の用途にできるようにつくっておく必要があります
by ocm2000 | 2010-03-30 10:17 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」 和室 「四分一庵(しぶいったん)」


床柱や畳縁、鴨居などを削ぎ落とした、モダンな和室です
障子も大きな一枚引きにしています                光棚、ウランガラスのほのかな輝き
f0230666_1695447.jpgf0230666_161940100.jpg


簡素な床の間、すがすがしいしつらえ
f0230666_1625820.jpg



押入れ?も引違い戸ではなく、開き戸
上下を開放させ、浮遊感を増します
f0230666_16275628.jpgf0230666_1628725.jpg

by ocm2000 | 2010-03-30 10:07 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」テラスのあるお風呂

f0230666_124642.jpg
テラスのあるお風呂「鶴ヶ島の家」

□広 さ:1.1坪
□浴 槽:TOTO/PNS1606ブロー付
□シャワー水栓: Hansgrohe/TalisS2/HG32440
□ 床 :INAXサーモタイルピュアフロアⅡ
□ 壁 :INAXプチガラスIM-10P1/PG61
□テラス床:大理石



鉄筋コンクリート造2階部分のお風呂です

手前から洗面・脱衣・浴室となっています
f0230666_1365632.jpgf0230666_1372196.jpg


地面に接していないので、開放感を得るためにテラスを設けました
しかし、単にラグジュアリーを求めるだけでなく、脱衣・洗濯・物干といった家事動線も考慮しています
f0230666_1372140.jpgf0230666_1382522.jpg


東に面しており、朝日がたっぷり
朝風呂の楽しいお風呂です

伊豆石のお風呂
青森ヒバのお風呂
■テラスのあるお風呂
そら豆型のお風呂

「鶴ヶ島のスタジオ」へ
by ocm2000 | 2010-03-30 10:00 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

「鶴ヶ島の家」 site & plan

f0230666_1094721.jpg


●概 要
竣  工:平成21(2009)年5月
所  在:埼玉県鶴ヶ島市
敷地面積:538.38㎡(162.85坪)
建築面積:134.97㎡(40.82坪)
延床面積:238.49㎡(72.14坪)
 1 階 :125.57㎡(37.98坪) 
 2 階 :112.92 ㎡(34.15坪)
 容積率:44.29% < 200%
 建蔽率:25.06% < 60%
構造規模:木造+鉄筋コンクリート造、2階建て

●主な外部仕上げ
屋根  -ガルバリウム鋼板立ハゼ葺
壁   -アクリル樹脂系吹付
建具  -アルミサッシュ・ペアガラス

●主な内部仕上げ
天井  -エマルジョン塗装
壁   -石膏プラスター左官塗り
床   -ナラ無垢材フローリング

●構造設計-木構造計画/担当:村上氏
●施 工-内田産業/担当:桝谷氏
●音響設計-アコースティックエンジニアリング/担当:長濱氏
OZONE家づくりサポート/担当:北村さん
●坪単価 -76万円/坪 ※税別 ※音楽室防音工事別途
by ocm2000 | 2010-03-30 09:54 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)

 「鶴ヶ島の家(2009)」動画

SYNTAX CRANE STUDIO with ROSE HOUSE


site & plan
by OCM2000 | 2010-02-01 21:54 | 「鶴ヶ島の家」 | Trackback | Comments(0)