small shrine

 small shrine_f0230666_12354466.jpg small shrine_f0230666_12355434.jpg


 small shrine_f0230666_12362059.jpg small shrine_f0230666_12363064.jpg

岩殿山、浅利地区、大月、猿橋近辺の祠(ほこら)

ムラに厄が入ってこないように、結界として
道祖神が、やがては地蔵信仰へ変化
地蔵菩薩は顔がやさしいので子供の守り神と変化し
水子供養へと転じる

道しるべ、旅の安全祈願
ヒンドゥー教由来の馬頭観音像は馬や動物の慰霊碑
道教由来の庚申信仰

庚申塔には馬頭観音があまのじゃくを踏みつけ
その下には見ザル聞かザル言わザルが
申がらみで猿田彦神とからめられ、まつられ

日本書紀由来の猿田彦神は道祖信としても信仰され
あまのじゃくは仏教由来と日本古来の天邪鬼とが混交
三猿のモチーフは古代エジプトをはじめ世界中にある

習合して、混交して、解釈して、想像して、勘違いして、転じて……

ただテクテク、歩く
by ocm2000 | 2010-05-18 13:03 | □OCM日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/13739555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<<  『建築知識』2010年6月号...  23’night >>