「六日町の古民家」the original condition of the inside

[内部の現況]
 「六日町の古民家」the original condition of the inside_f0230666_11213716.jpg 「六日町の古民家」the original condition of the inside_f0230666_11214980.jpg

丸太大梁が二本、元口は直径350φ以上、長さは8mを超え
12畳(3間×2間)と15畳(3間×2.5間)の無柱空間をつくりだしている

丸太に直接竿縁天井が張られているところも興味深い



 「六日町の古民家」the original condition of the inside_f0230666_11224532.jpg 「六日町の古民家」the original condition of the inside_f0230666_1123384.jpg

簡素な床の間、構造材である床柱に「筍目(たけのこめ)」があるので
当初からの造作であると考えられる
by ocm2000 | 2010-06-09 11:40 | 「六日町の古民家」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/13926370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<<  「六日町の古民家」survey  □project >>