「大井松田の家」経年変化 2011.5.27

竣工後1年半経った「大井松田の家」を訪れました
田植え前の水田に映る、たまさかの東側立面
「大井松田の家」経年変化     2011.5.27_f0230666_19394732.jpg


経年に対して素材が美しく変化がしているかどうかが、気になります
風雨に曝されるけらば部分です。ベイマツの梁が室内から外部に突出している納まりです
いぶし銀の瓦は、鈍色の曇天に同調しています
「大井松田の家」経年変化     2011.5.27_f0230666_19433295.jpg


ベイマツの玄関扉、赤味を増して、いい具合です。
下部の銅板も雨がかりがないため、緑青はふかないものの
よき変化をはじめました
気密性、断熱性はアルミサッシに及びませんが、経年変化の楽しみは、その比ではありません
「大井松田の家」経年変化     2011.5.27_f0230666_19485973.jpg


浴室の壁面は無塗装のヒバ材です
一年半経っても新築時の美しさ、「相当な掃除をされているのですか……」
と、おそるおそる建て主さんに尋ねると……
「いいえ……何も……ただ、風通しがいいもので……」
「大井松田の家」経年変化     2011.5.27_f0230666_19531523.jpg


高窓からの、直射ではない、ほのかな明るさ
曇りの日でも、照明は必要ありません
「大井松田の家」経年変化     2011.5.27_f0230666_2035384.jpg

本日は、平日の昼間、テレビ取材の下見のため
にぎやかなお子様達にお会いできませんでした

取材の本番でお会いするのが、楽しみです
by OCM2000 | 2011-05-28 20:12 | □OCM日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/16042108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< kamakura 「聖蹟桜ヶ丘の家」 >>