『余はく』2012年新春号vol.14( ネクスト・アイズ)

f0230666_18402571.jpg
『余はく』というフリーペーパーvoi.14がでました
表紙は、そう、OCMが設計した「大井松田の家」のお風呂です

本編では特集「湯ったりの居場所」を監修しています

たかがお風呂、あって当たり前と思われているお風呂
歴史をひもとけば、そのありがたみが、その楽しみが
ひしひしと、伝わってきます

私たち建築家は“余白”や“あそび”を設計する
特殊な仕事だと、つくづく認識させられます


f0230666_18594375.jpg

撮影当日の風景です
三女のユラちゃんとお飯事(オママゴト)をしながら
ゆったりと、撮影を“監修”?“観衆”しています
by ocm2000 | 2012-01-17 19:04 | □住宅作品の雑誌掲載 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/17085688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by camera-girl at 2012-02-02 12:33
余はく、取り寄せました。
温泉のようなお風呂ですね。
木の桶や椅子にしたら、うちのプラッチックのお風呂でも少しは雰囲気出るかな、と想像しています。
Commented by ocm2000 at 2012-04-27 16:17
遅くなりましたw
引っ越したのですよね!
新しいお風呂はどうですか?
<< 「佐久の家」スケッチ 「浅草の家」上棟式 >>