教え子のこと(2)

左官職人 古川氏と「浅草の家」茶室の、左官塗り土壁打合せです
教え子のこと(2)_f0230666_9581187.jpg

「水捏ね、のりさし、のり土、切り返し、中塗り……」
どんな土壁にするか……まずはその用語を解説してもらいます

のりの量、骨材の大きさ、土の種類、色味
乾いた時の土のやせ方などを決めねばなりません

学校でインテリアやケンチクを教えましたが
古川氏はいつのまにか左官職人になっていました
(やっぱり京都で修行せねば……)と単身で赴き、経つこと数年
昨年帰ってきて、一人親方として独立しました

「浅草の家」で、存分にその腕をふるっていただきます
by ocm2000 | 2012-01-27 10:10 | □OCM日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/17123765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「聖蹟桜ヶ丘の家」地松 テレビ放映 >>