「聖蹟桜ヶ丘の家」上棟

曇天、小雨、極寒
しかし建築の仕事、暑かろうが寒かろうが関係ありません
粛々と進行します

地松の柱の上に、重たい地松の梁を架けます
「聖蹟桜ヶ丘の家」上棟_f0230666_12505373.jpg


その上に束をたて
午過ぎには棟が上がりました
「聖蹟桜ヶ丘の家」上棟_f0230666_12525191.jpg


無事建て方終了
建て主さんからいただいた引き出物のお酒を
職人さんたちと一緒に少しいただきました
「聖蹟桜ヶ丘の家」上棟_f0230666_12591095.jpg


建築家は冷えきった体を温めるため、銭湯と熱燗
安堵感から早々に床につき
13時間くらい眠ったそうな……
by ocm2000 | 2012-02-07 13:06 | 「聖蹟桜ヶ丘の家」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/17167732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「野仏庵」@京都 「佐久の家」(仮)地縄張り、も... >>