「聖蹟桜ヶ丘の家」屋根工事

四面勾配の違う、入母屋
ずいぶん棟梁を泣かせましたが、やっと屋根のカタチがあらわれました
「聖蹟桜ヶ丘の家」屋根工事_f0230666_9532079.jpg


大きな屋根のデメリットは、「家の中央が暗くなること」です
棟の北側にトップライトを設け、光の井戸をつくり、暗さを解消します
「聖蹟桜ヶ丘の家」屋根工事_f0230666_954897.jpg


南側
1.5mも出ている、OCMではおなじみの深い軒の出
「聖蹟桜ヶ丘の家」屋根工事_f0230666_9582013.jpg


桜ヶ丘って地名だから、やはり桜がすごいのでしょうか
毎週現場に行くのが楽しみです
by ocm2000 | 2012-03-28 10:06 | 「聖蹟桜ヶ丘の家」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/17358322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「浅草の家」追い込み 『散歩の達人』2012年4月号... >>