「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間


「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_1542252.jpg昭和30年代後半に開発された、閑静な住宅地
60代後半のご夫婦のためのお住まいです

28坪の平屋
まさに“庵”もしくは“草庵”を結ぶという表現が
ぴたりとあてはまります

鴨長明の時代には4畳半程度(方丈)ですみましたが
現代はやはり28坪ほど必要です




「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_15132357.jpg既存の庭を生かしながら
1/12勾配の緩いスロープがアプローチです



「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_1325265.jpg南面した庭側には深い軒(1.5m)を出し
縁側は大引を片持梁にして宙に浮かせています



「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_13265330.jpg玄関を入ると、吹寄せの格子戸
勝手口・キッチンエリアとの柔らかな結界です



「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_1327172.jpg見上げると、木構造が現しになっています
大工さんの技術の高さをうかがい知る事ができます



「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_13273831.jpg天窓からやさしい明かりを採り、光天井の廊下をつくっています
日本家屋の「家の真ん中が暗い」という問題を解決しています

照明が仕込んであるので、夜も光天井でありつづけます




「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_1328395.jpg居間まで続く光天井
柱と梁は地松(国産アカマツ)をちょうながけしたものです



「聖蹟桜ヶ丘の家」アプローチ・玄関・居間_f0230666_13282759.jpg居間の向こうには、また明るい庭があらわれます


何の衒いもありませんが、熟考された
静かな、静かな、大人の家です

「普請のために、各地から集められた材料たちは
 その土地の水と空気に触れ
 住み手に毎日よく手を入れられ
 糠床のごとく、醗酵していくのです」 大島健二
by ocm2000 | 2012-05-26 14:07 | 「聖蹟桜ヶ丘の家」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/17584392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『sumoka?』vol.6(... 「聖蹟桜ヶ丘の家」雪見障子 >>