「人形町の家」改修工事 2011.9

戦前に建てられた、典型的な下町長屋の改修工事です
間口一間半(2.7m)、1階7坪・2階7坪、延べ14坪の狭小です
※OCM事務所は間口2間ですが、広さは同じです

平面での広さには限界がありますので
いかに“断面設計”で採光や広がりを与えることができるかが
ポイントになってきます


【改修前】
「人形町の家」改修工事 2011.9_f0230666_13292261.jpg

□半畳しかなかった玄関を、間口いっぱいに広げる
□玄関の天井(2階の床)を上げ、1階に光をとりこむ
□畳の下に床下収納をつくる
□2階の一部を外部空間とし(減築)、テラスをつくる
□キッチンの天井高さを下げ、風呂を中2階にもってくる
□2階の屋根裏を開放し、ロフトをつくる
□間接照明を多用し、天井面にも広がりを与える
□階段の位置を変え、緩やかな勾配にする




【改修後】
「人形町の家」改修工事 2011.9_f0230666_1330412.jpg

詳細はこちらでどうぞ
by ocm2000 | 2012-09-28 13:50 | □リフォーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/18012196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< flower@OCM 「佐久の家」断熱工事完了 >>