「北区の家」外まわり

東京23区内の一般的な住宅密集地域で、敷地面積は55㎡
建築面積は10坪を切っているので、いわゆる“狭小住宅”の部類に入ります

「北区の家」外まわり_f0230666_14362679.jpg

北西側の道路に面しているため
・プライバシーの確保
・西日を避ける
・家の印象、外観を整える
といった観点から、全く閉じた表情としました

「北区の家」外まわり_f0230666_1442272.jpg

門扉(格子戸)をあけると、約1.5坪のアプローチ空間があらわれます
光庭、光井戸とも言いましょうか、全ての居室はここに面しています

「北区の家」外まわり_f0230666_14442352.jpg

玄関扉は防火規制のラインからはずれているので(道路中心から3m)
輸入の木製扉が可能になりました

「北区の家」外まわり_f0230666_14534316.jpg

はじめは木の色を楽しむために
塗装はまだ薄くキシラデコール(ワイス)を塗っているだけなので
建て主さんに「塗り足していってください」とお伝えしています
by ocm2000 | 2015-12-12 17:52 | 「北区の家」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/24761107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「小島の家」建て方 「北区の家」玄関 >>