「市川の家」玄関


中庭でつながる和モダンの家


f0230666_14223590.jpg

外壁はモノプラルという西洋しっくいの左官塗りで、掻き落としにしています。雨がかりのある下部は焼杉板張りの腰壁とし、耐候性を増しています。庇の軒天井や腕木は焼杉の色味に合わせてキシラデコールのパリサンダという色を塗っています。

f0230666_14553140.jpg

玄関の床は15cm角の敷き瓦仕上げ。もう少し広い土間などでは30cm角もよく使われますが、ここでは少しいかめしい感じがしてしまうので15cm角で優しく仕上げています。収納の上部や下部に間接照明を用いて柔らかい光の空間を作っています。

f0230666_15182260.jpg

上がり框の高さは30cm、靴などが収まり足元を照らす間接照明も仕込んでいます。脇には手すり棒、姿見。奥は居間へとつながる渡り廊下です。



「下町の名建築さんぽ」「家づくり解剖図鑑」発売中!
OCM一級建築士事務所 東京都台東区浅草橋5-19-7 大島健二

by ocm2000 | 2018-07-09 14:21 | 「市川の家」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ocm2000.exblog.jp/tb/29925039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ヒノハラテラス」店舗併用住宅... 「市川の家」居間〜書斎(個室1) >>