「旅の手帖」2023年3月号

「旅の手帖」2023年3月号「なつかし町の建築意匠に注目!」というページで、イラストと解説を担当しています。
「旅の手帖」2023年3月号_f0230666_09004119.jpg
「旅の手帖」2023年3月号_f0230666_09004013.jpg
「旅の手帖」2023年3月号_f0230666_09004199.jpg


「下町の名建築さんぽ」「家づくり解剖図鑑」発売中!
OCM一級建築士事務所 台東区浅草橋5-19-7 大島健二

# by ocm2000 | 2023-02-11 09:18 | □雑誌への執筆

「芦屋の家」竣工

「芦屋の家」インナーガレージと茶室のある住まい
30代の夫婦と小さな子供二人のための住まいです。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09520666.jpg
前面道路は坂道で、敷地とは高低差のある芦屋の山手独特の環境です。


「芦屋の家」竣工_f0230666_09525026.jpg
高低差の大きな方に、来客用の玄関を設け、高低差の少ない方にガレージと日常使いの玄関(勝手口的な)を設けています。
外壁:KMEW和ボーダー15/MWハイドグレー、軒天:ニチハ軒天12木目調ティンバーベージュ、床:平田タイル/ピエドラ6色ミックス

「芦屋の家」竣工_f0230666_09531601.jpg
杉型枠打ち放しコンクリートとタイルのアプローチ階段です。左下の土の部分には植栽が入ります。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09534834.jpg
玄関ポーチと呼ばれる部分です。沖縄などでよく使われる「花ブロック」で、道路からのプライバシーを確保しています。またベンチを設け、茶室のある路地庭の待合のような雰囲気も持たせています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10020103.jpg
道路からは見えない西側の方に、階段室と屋上に出る塔屋を設けています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09541951.jpg
3.6mの高い天井と、低い地窓からの光、そして遊び心のある照明器具でお客さまを迎えます。
床:平田タイル/シャトー

「芦屋の家」竣工_f0230666_09543882.jpg
上がり框は真鍮で、この住まいの通奏低音を担う素材になっています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09551250.jpg
シュークローゼットの扉は、壁と同化させた素材になっています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09553058.jpg
シュークローゼットの内部です。北側高窓からの柔らかい光で一日中安定した明るさを保ちます。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09562796.jpg
LDK、庭に面した南側の明るさと、北側の間接照明による落ち着きとの対比。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09570337.jpg
吹き抜け越しに、2階の個室群とのコミュニケーションが可能になります。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09574378.jpg
ラタンの照明器具、左側スタディーコーナー上部の収納扉にもラタンを用いていています。黒い部分はマグネットボードになっています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10215361.jpg
OCMのテレビ棚(あみだ棚)、昨今は壁掛けが主流なので、テレビ棚にテレビが載ることは少なくなりました。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10123696.jpg
テレビ棚詳細、横板の後ろには隙間を設け、配線や清掃の容易さを考慮しています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09591573.jpg
障子で閉じられた、囲われた和室(茶室)。

「芦屋の家」竣工_f0230666_09593037.jpg
障子を全開にしたところです。日本的な空間は、可動の障子や襖などによる空間の可変性に魅力があります。


「芦屋の家」竣工_f0230666_10000206.jpg
裏千家を代表する茶室「又隠(ゆういん)」を典拠にし、多々独創を加えた四畳半(京間)茶室です。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10120534.jpg
床柱:香節丸太、床框:北山杉磨太鼓、地板:米松、畳:DAIKEN銀白/極/山葵、畳縁:高田織物/利休鼠、襖紙:東京松屋/ひばり735鳥の子、腰張り:手漉き西の内紙/大判/厚口/未晒し、その他:よしあじろ、晒し竹

「芦屋の家」竣工_f0230666_10002746.jpg
2辺を障子で閉じたところ。囲われた雰囲気、お客様との親密感を表出します。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10004559.jpg
雪見障子(猫間障子)を上げたところ、座った低い目線の位置で庭との関係性が生じます。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10010228.jpg
障子を全開したところ。「大寄せの茶会」などを催す時や、日常的にはこの状態で使用します。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10012827.jpg
水屋、持ち送りの開口部にバットマン2007の紋様を用いています。アメリカ好きな建主さんへの遊びです。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10031883.jpg
2階、プライベートな空間(個室群)への階段、足元を明るくする地窓、昇り始めは目線が庭へと向かいます。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10033036.jpg
柔らかな床は柔らかなカーペットを用いています。階段や廊下は生活空間ではないので、食べこぼし飲みこぼしなどで汚れる心配の少ない部分です。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10040178.jpg
2階、南側、バルコニーに面する明るい廊下。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10041989.jpg
廊下の途中にある「ヌック」、暖かな陽だまりの中で、絵本でも読みたくなります。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10044193.jpg
吹き抜けの上からLDKを見下ろしています。シーリングファンや、窓際のロールスクリーン、サッシの開閉は電動になっており、温熱環境を調整する機能を備えています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10081611.jpg
階段室の最上部、塔屋からの眺め。大阪湾を越えて奈良の山々が見渡せます。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10051230.jpg
二つの洗面器を備え、広さに余裕のある洗面所。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10052637.jpg
湿気などの籠りにくい、開放的な引き出しを備えています。
床:平田タイル/キャリエール

「芦屋の家」竣工_f0230666_10055760.jpg
トイレの引き戸を開放したところ。トイレっぽくない雰囲気を作り出しています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10061643.jpg
真鍮の天板にカーブした収納扉、便器に座ったまま開閉できます。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10090618.jpg
2台分のインナーガレージ、オーバースライダーを開けた状態。奥に、雨が降っても濡れずに車に乗り込めるよう勝手口(日常的な玄関)を設けています。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10093465.jpg
一見ショーウィンドウの様に見えますが、ガレージ側から買い物の荷物を入れ、勝手口から取り出すことのできる「両面収納」です。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10095464.jpg
勝手口側から見た「両面収納」。

「芦屋の家」竣工_f0230666_10101076.jpg
勝手口は、直接LDKにつながっています。東側の上部ハイサイドライトによって、朝、清々しい明るさになります。
床:平田タイル/シエラ



「芦屋の家」竣工_f0230666_09453369.jpg

【概 要】

竣 工:令和5(2023)年1月

所 在:兵庫県芦屋市

地 域:第1種低層住居専用

敷地面積:522.68m²(158.11坪)

延床面積:241.09m²(72.29坪)

建築面積:202.80m²(61.34坪)

住居面積:200.52m²(60.65坪)

建蔽率 :38.80% <40% 容積率 :38.36% <80%

規 模:地上2階

構 造:木造在来工法

構造設計:S-cube

施工:船橋建設株式会社


「下町の名建築さんぽ」「家づくり解剖図鑑」発売中!
OCM一級建築士事務所 台東区浅草橋5-19-7 大島健二

# by ocm2000 | 2023-02-02 10:11 | 「芦屋の家」

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理

2年以上かけて進めてきた「十勝の家(中札内村)」プロジェクト、いよいよ竣工まで一ヶ月半です。
1月、十勝晴れと言われる美しい晴れですが、最低気温マイナス15度程度は当たり前になっています。

雪が積もる前に、外部工事を全て終えて、現在は内装工事の追い込みです。

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09050275.jpg

現地の工事会社の知恵を借りながら、屋根は無落雪(雪を落とさずに貯める)方式をとっています。

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09050518.jpg

水下の北側の状況も確認します。
まだ積雪は基礎の高さまでで収まっています。

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09050813.jpg

庇端部の雪の融け方なども確認します。

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09051010.jpg

内部、暖かい日差しが奥まで差し込み、断熱工事は終了しているので、室温は10度ほどあります。

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09051794.jpg

冬、お家で過ごす時間の長くなる北海道、生活の中心である36畳のリビングが楽しみです。

「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09051974.jpg

お客様ご指定のキッチンタイル。グレーっぽい目地の色までこだわっています。
「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09052279.jpg
「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09052917.jpg
「十勝の家(中札内村)」雪中の現場監理_f0230666_09045521.jpg
「下町の名建築さんぽ」「家づくり解剖図鑑」発売中!
OCM一級建築士事務所 台東区浅草橋5-19-7 大島健二

# by ocm2000 | 2023-01-12 09:18 | 「十勝の家」

浅草橋建築マップ2023版

OCMが恵比寿から浅草橋に移転して13年目です。
やっと、建築マップを作成しました。
地味ながら隈研吾をはじめ、伊東豊雄、永山祐子などの有名建築家が仕事をしています。

浅草橋建築マップ2023版_f0230666_09003323.jpg
「下町の名建築さんぽ」「家づくり解剖図鑑」発売中!
OCM一級建築士事務所 台東区浅草橋5-19-7 大島健二

# by ocm2000 | 2023-01-12 09:02 | □建築イラスト

2023年 令和5年 謹賀新年

本年もよろしくお願いいたします。

2023年 令和5年 謹賀新年_f0230666_08535507.jpg
本年は「続・家づくり解剖図鑑」の出版が予定されています。新築にこだわらず、リフォームやはたまた模様替えのヒント・アイデアなどを盛り込んでいます。お楽しみに!
2023年 令和5年 謹賀新年_f0230666_08561210.jpg
「下町の名建築さんぽ」「家づくり解剖図鑑」発売中!
OCM一級建築士事務所 台東区浅草橋5-19-7 大島健二

# by ocm2000 | 2023-01-12 08:58 | □建築イラスト